風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

2月25日は親に感謝の気持ちを伝える日、ひざ関節の日、夕刊紙の日、箱根用水完成の日、ヱビスの日、225の日、とちぎのいちごの日、などの日

2019年2月25日は何の日?

2月25日は親に感謝の気持ちを伝える日、ひざ関節の日、夕刊紙の日、箱根用水完成の日、ヱビスの日、225の日、とちぎのいちごの日、などの日です。

 

●『親に感謝の気持ちを伝える日』 :
大阪市に本社を置き、「還暦祝い本舗」、「プレゼント本舗」、「手元供養本舗」等のサイトでメモリアルギフトの販売を手がける会社が制定。
日頃は面と向かって言えない親への感謝の気持ちをきちんと伝える切っ掛けの日としてもらうのが目的です。
日付は、2と25の2が親と子の双方を、25がニコニコ笑顔を表していることからです。
「孝行のしたい時分に親はなし」「墓に布団は着せられず」
生きている時に親孝行しておけばよかったと、悔やみ嘆く日々です。

 

●『ひざ関節の日』 :
福岡県福岡市に本社を置き、機能性表示食品の「ひざサポートコラーゲン」を開発・販売するメーカーが制定。

ひざの痛みがなく、自分の足で100歳まで歩けるような身体づくりをする事で、健康寿命を延ばす同社の「100歳まで楽しく歩こうプロジェクト」のPRが目的です。
日付は、「ひざ」を英語で「ニー(knee)」という事からの2と、楽しいことを「ニッコリ」と表現することの25の組み合わせです。

 

●『夕刊紙の日』 : 
1969(昭和44)年のこの日に、日本初のタブロイド判で駅売り専門の夕刊紙『夕刊フジ』が創刊された記念日です。
サラリーマンを対象としたタブロイド紙の登場は、一つのクラスカルチャーを生んだといわれています。

 

●『箱根用水完成の日』 : 
1670(寛文10)年のこの日、日本の土木史上で重要な意味を持つ「箱根用水」が貫通しました。
深良村(現、裾野市)の名主「大庭源之丞」らが中心になり、湖尻峠に約1,200㍍のトンネルを掘って、湖尻峠の水を富士山麓の箱根の数ヶ所の村に導く用水を、5年かけて完成させた記念の日です。

 

●『ヱビスの日』 :


東京・恵比寿に本社を置く大手ビール会社が自社ブランドのヱビスビールをPRする為に制定。
ヱビスビールは厳選されたアロマホップをふんだんに使用し、長期熟成によって生まれた、素材と製法にこだわった麦芽100%の「ちょっと贅沢なビール」です。
日付は、1890(明治23)年2月25日に初めて発売された日に因んでいます。

 

●『225の日』 :
大阪証券取引所が2006(平成18)年7月18日からスタートさせた引個人投資家向けの新しい株価指数先物取「日経225先物」等の情報提供を行っている会社が、自社の運営サイト「225ラボ」に因んで制定。

 

●『とちぎのいちごの日』
JA全農とちぎに事務局を置く「栃木いちご消費宣伝事業委員会」が制定。1968年(昭和43年)からいちごの生産量日本一を誇る栃木県。
「とちおとめ」「スカイベリー」など美味しい栃木のいちごをより多くの人に知ってもらい、食べてもらうのが目的。日付はいちごの流通の多い1月から3月の中の「と(10)ちぎのいちご(15)」を10+15=25とした25日をそれぞれ記念日としたもので、1月25日、2月25日、3月25日の3日間。

 

●『新神学者シメオン祭・New Theologian Simeon Festival(正教会)』 :
神学者「シメオン(949~1022年)」は、中世の正教会神学者で、神秘思想家、聖人です。
記憶日は、ユリウス暦で3月12日、現在のグレゴリオ暦で2月25日が、ギリシャ正教会等では、3月12日を記憶日としています。

 

☆彡また、毎月25日は、
●『プリンの日』  : オハヨー乳業株式会社が制定。
牛乳や加工乳、乳飲料、ヨーグルトなどの乳製品メーカーで、岡山県岡山市に本社を置く乳性食品の製造会社が制定。

この会社では、「焼きプリン」・「とろけるくちどけクリームチーズプリン」・「牛乳屋さんが作ったなめらかカスタードプリン」等プリンの人気商品を多く製造販売しています。
日付は、「プリンを食べると思わずニッコリ」という事で25が「ニッ(2)コ(5)リ」と読める語呂合せです。

 

●『天神の縁日』 : 
菅原道真」公の命日に因んだ、天満宮の縁日です。

 

スポンサーリンク  

 



☆彡2月25日の『誕生花』:
カランコエ  花言葉は「たくさんの小さな思い出」あなたを守る、おおらかな心
ラナンキュラス  花言葉は名誉、お祝い、輝く魅力、美しい人格、晴れやかな魅力
ハナカイドウ(花海棠)  花言葉は温和、美人の眠り
ジャコウバラ(麝香薔薇) 花言葉はムスクローズ  きまぐれな愛
クモマグサ(雲間草)・Saxifraga Idsuroei 花言葉は「愛らしい告白」
コブシ(辛夷)・Kobushi Magnolia 花言葉は「友情・自然の愛」です。

 

☆彡2月の誕生石はアメジスト 『愛の守護石』『真実の愛を守りぬく石』と呼ばれる。
アメジストのヒーリング効果
○調和
○癒しと安らぎ
○内観の促進
○精神の安定
○問題解決を助ける
○知性と洞察力を高める
○家庭円満

血液を浄化して解毒作用を高めるとされます。
皮膚病や不眠症の治療にも用いられた。


☆彡2/25日誕生石は「ファントム・アメシスト」石言葉:幻影

 

☆彡今日誕生日の人の一言 ルノワール(画家)

 

『100の欠点を無くしている暇があるなら、1つの長所を伸ばした方が良い。』


ルノワール
ピエール=オーギュスト・ルノワールPierre-Auguste Renoir発音例、1841年2月25日 - 1919年12月3日)は、フランスの印象派の画家。後期から作風に変化が現れ始めたので、ポスト印象派の画家の一人として挙げられることもある。
ルノワールは人を愛し人物画を描き続けた。そのほとんどが、陽気さや幸せを讃えたものである。

代表作 『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』、『舟遊びをする人々の昼食』
運動・動向 印象派
受賞 レジオンドヌール勲章3等(コマンドゥール

日本
日本人で初めてルノワールの絵を買ったのは、パリで画商をしていた林忠正であった。しかし、林が購入した作品は、日本で知られることはなく、売却されてしまった。
日本で初めてルノワールに大きな影響を受けた画家は、梅原龍三郎であった。
梅原は、1908年にパリのリュクサンブール美術館を訪れた時、ルノワールの作品に感動し、1909年2月、レ・コレットルノワールに会いに行った。その年、山下新太郎や有島生馬を連れて再訪し、彼らはルノワールから『水浴の女』を譲り受け、日本に持ち帰った。
日本国内では、雑誌『白樺』などでルノワールが紹介され、中村彝、赤松麟作、土田麦僊などがその影響を受けた。

以上はナイツ社編 「365日名言の旅」より一部抜粋&加筆

 

☆彡2月(如月)の行事・暦・祭り(2019年・平成31年

2月の行事・暦・祭り(2019年・平成31年

1日(金)冬土用の間日

2日(土)初午 初午大祭

3日(日)節分 冬土用明け 

4日(月)立春

6日(水)海苔の日

8日(金)針供養(主に関東)

11日(月・祝)建国記念の日

14日(木)二の午

16日(土)西大寺会陽

19日(火)雨水

25日(月)北野天満宮梅花祭


◆2月の他の別名
小草生月(おくさおいつき)華朝(かちょう)仲春(ちゅうしゅん)初花月(はつはなづき)
梅津早月(うめつさつき)建卯月(けんぼうげつ) 麗月・令月(れいげつ)

スポンサーリンク  
スポンサーリンク