風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

喜ばれて幸せに生きる「無財の七施(むざいのしちせ)」とは?

☆彡「天使のハッピートーク・ 一日一言 」幸せ探しへの誘い編


☆彡喜ばれて幸せに生きる


喜ばれるように生きる上で、重要なポイントがあります。

例えば、喫茶店をしている人がお客様に喜んでもらおうと考えた時、初めに新しいメニューを考えたり、キレイな壁紙、座りやすいイスに変えようとするかもしれません。

でもね~、投げかけるものの優先順位として一番重要なのは「お金をかけない」ということです。

温かい笑顔で迎えたり、優しく接する、心地のいいようにきれいに掃除をすることが、人間関係において、一番喜ばれます。

それをやらずに、お金をかけて建物を建て替えたり、調度品などを変えて喜ばれようとしても、お客様は遠ざかってしまいます。

 まず、笑顔、優しさ、温かな対応等、まずお金をかけないで出来ることをやっていきましょう。

 それがある程度できるようになったら、お金をかけて変えていくのがよいかもしれません。

 お釈迦様の教えに「無財の七施」というものがあります。これは、財産がなくてもすべての人ができるものです。

無財の七施(むざいのしちせ)」

①優しいまなざし(眼施=がんせ)・・・・・・・・・・・「目」

 

②思いやりのある言葉(眼辞施=げんじせ)・・・・・・・「口」

 

③温かい笑顔(顔施=がんせ)・・・・・・・・・・・・・「顔」

 

④感謝の心で人に接する(心施=しんせ)・・・・・・・・「心」

 

⑤手足を使い、人のために汗を流す(身施=しんせ)・・・「手足」

 

⑥席や場所を譲る(床座施=しょうざせ)・・・・・・・・「尻」

 

⑦一夜の宿を提供する(房舎施=ぼうじゃせ)・・・・・・「背中」

 

このように、お金をかけずに体で示せる行為が一番喜ばれます。

お金や物を使って喜ばれるのは、第二、第三の順位です。

酸素、空気、水の様に、生きていくうえで必要なものはすべて無料なのです。

人生の中になくてはならないもの、重要なものほど、お金を使うものではありません。

 

☆彡今日の一言

①お金をかけずに体で示せる行為が人に一番喜ばれる。

 

②施した方が幸せになれる

 

一度っきりの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす。

 

以上は小林正観著「笑顔で光って、輝いて」より一部抜粋&加筆

無財の七施について

無財の七施は雑宝蔵経(ぞうほうぞうきょう)にあります。

雑宝蔵経とはさまざまな物語が、全部で121話含まれている経典のこと。無財の七施は雑宝蔵経に出てくるもので、布施心のなかの一つです。

布施の

1番が法施(ほうせ)で今では仏陀の教えを分かりやすく伝え、その教えによって生きていくと幸せになることができるという教えです。

2番目が財施(ざいせ)でお金や物を施し、相手を幸せにしてあげることになります。

3番目が無財の七施です。お金や物がなくてもできる布施行(ふせぎょう)のことです。

 

ありがとうやおかげさまの気持ちを行動で示す身近な実践のことを「無財の七施」といいます。

お金がなくても物がなくても周りの人々に喜びを与えられ少しでも喜んでいただける方法があるというのが無財の七施の教えの事をす。
布施はほどこした人の方が幸せな気分になり、与えられた人よりも与えた人を幸せにするという教えのことです。

 本来、お布施はお坊さんに渡す謝礼のことではありません。出家した修行者のボロボロになった衣服を見た人々、がせめて着るものだけでもと使い古しの布を施したのが始まりと言われています。そこには喜んで捨てる心や見返りを求めない心があります。

見返りを求めないで喜んで捨てる、そんなことを無財の七施も教えています。

無財の七施は人のため誰かのため、心配りや思いやりを持ち、自分の身体でできることを心をこめて行わせてもらうことです。人のために行った些細な言動が、人の幸せに繋がり、幸せな人間関係が形成され、世の中が素敵な繋がりとなり、結果自分自身も幸せな人生が歩めるというこです。

 

小林正観のプロフィール
小林 正観(こばやし せいかん、1948年11月9日 - 2011年10月12日)は、日本の著作家

人物・来歴
東京都江東区深川出身。中央大学法学部卒業。心理学博士、教育学博士、社会学博士(これらの博士号についてはどこの大学が発行したものか不明)。心学研究家。コンセプター(基本概念提案者)。デザイナー(SKPブランドオーナー)。歌手。2008年には、作詞家「星(ほし)間(あいだ)」としてデビュー。
学生時代から人間の潜在能力やESP現象、超常現象に興味を持ち、心学などの研究を行っていた。講演は、年に約300回の依頼があり、全国を回る生活を続けていた。

著書に『「そ・わ・か」の法則』『喜ばれる』など、ベストセラー作品が多数。
著書
『22世紀への伝言 もう一歩奥の自分に出会う』弘園社 「未来の智恵」シリーズ 1996 のち広済堂出版
『こころの遊歩道 一日五分のこころの散歩』弘園社 「未来の智恵」シリーズ 1996
『波動の報告書 足立育朗の世界 宇宙からのメッセージを伝える』弘園社 「未来の智恵」シリーズ 1996
『こころの宝島 知って楽しい日々の智恵』弘園社 「未来の智恵」シリーズ 1998
『守護霊との対話 中川昌蔵の世界』弘園社 「未来の智恵」シリーズ 1998
『生きる大事・死ぬ大事 死を通して考える新しい生き方』弘園社 「未来の智恵」シリーズ 2000
『幸せの宇宙構造 すべての人が幸せになる方法』弘園社 「未来の智恵」シリーズ 2000
『た(だ)しい人からた(の)しい人へ もう一歩奥の人格論』』弘園社 「未来の智恵」シリーズ 2002
『宇宙が味方の見方道 小林正観見方・考え方・とらえ方実例集』』弘園社 「未来の智恵」シリーズ 2003
『で、何が問題なんですか 小林正観質疑応答集』弘園社 「未来の智恵」シリーズ 2000
『楽に楽しく生きる 小林正観生き方のエッセンス35』弘園社 「未来の智恵」シリーズ 2004
『宇宙を解説・百言葉』弘園社 「未来の智恵」シリーズ 2006
『宇宙を貫く幸せの法則』致知出版社 2006
『宇宙を味方にする方程式』致知出版社 2006
『この世の悩みがゼロになる』大和書房 2006 のち文庫 
『釈迦の教えは「感謝」だった 悩み・苦しみをゼロにする方法』風雲舎 2006
『楽しい人生を生きる宇宙法則』講談社 2006
『神さまに好かれる話 悩みを解消する法則』五月書房 2007
『「そ・わ・か」の法則 人生を輝かせる"実践方程式"』サンマーク出版 2007 のち文庫 
『楽しく上手にお金とつきあう』大和書房 2007 「ありがとうとお金の法則」文庫
『100%幸せな1%の人々 「すべてが幸せ」になる59の法則』中経出版 2008 のち文庫 
『宇宙が応援する生き方』致知出版社 2008
『笑顔で光って輝いて いま、いきなり「幸せ」になってしまう』実業之日本社 2008 のち文庫 
『「き・く・あ」の実践 今すぐ幸せになれる方法』サンマーク出版 2008 のち文庫 
『心を軽くする言葉 宇宙を味方の「か・が・み」の法則』イースト・プレス 2008 のち文庫ぎんが堂 
『悟りは3秒あればいい』大和書房 2008 のち文庫 
『「人生を楽しむ」ための30法則』講談社 2008
『喜ばれる 自分も周りも共に幸せ』講談社 2008
『すべてを味方すべてが味方』三笠書房 2009 のち知的生きかた文庫 
『日々の暮らしを楽にする』学習研究社 2009
『魅力的な人々 こんな楽しい生き方もあった』弘園社 「未来の智恵」シリーズ 2009
『無敵の生きかた みんなが味方になる』廣済堂あかつき 2009 「「今」という生きかた」広済堂文庫 
『運命好転十二条』五月書房 2010
『幸も不幸もないんですよ 人に、お金に、運に好かれる法則』マキノ出版 2010
『ごえんの法則 五つの「えん」の意味を解く』大和書房 2010 のち文庫 
『脱力のすすめ 「おまかせ」で生きる幸せ論』イースト・プレス 2010
『啼かなくていいホトトギス 100%幸せな1%の人々 2』中経出版 2010 のち文庫 
『もうひとつの幸せ論』ダイヤモンド社 2010
『心に響いた珠玉のことば』ベストセラーズ 2011
『楽しい子育て孫育て』学研パブリッシング 2011
『豊かな心で豊かな暮らし』廣済堂出版 2011 のち文庫
『淡々と生きる 人生のシナリオは決まっているから』風雲舎 2012
『ありがとうのすごい秘密』KADOKAWA 2014
『ありがとうの神様 神様が味方をする71の習慣』ダイヤモンド社 2015
『嬉しく楽しく、幸せになってしまう世界へ、ようこそ』廣済堂出版 2015

スポンサーリンク  
スポンサーリンク