風に吹かれて旅するブログ

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

11月24日は"和食"の日、鰹節の日、冬にんじんの日、オペラ記念日、進化の日、東京天文台設置記念日、いい尿の日、アースナイトデー 等の日

2018年11月24日は何の日?

 

11月24日は"和食"の日、鰹節の日、冬にんじんの日、オペラ記念日、進化の日、東京天文台設置記念日、いい尿の日、アースナイトデー 等の日です。

 

●『"和食"の日』 :
日本の食にかかわる生産者や企業、団体、地方自治体、郷土料理保存会、食育団体など多数の会員で構成される「和食文化の保護・継承国民会議」が制定。
五穀豊穣、実りのシーズンを迎え、和食の食彩が豊かなこの時期において、毎年、日本食文化について見直し、「和食」文化の保護・継承の大切さを考える日とするのが目的です。
日付は、11と24で「いい(11)に(2)ほんしょ(4)く」と読ませた語呂合わせからです。

 

和食のこころ 菊乃井・村田吉弘の<和食世界遺産>

和食のこころ 菊乃井・村田吉弘の<和食世界遺産>

 

 


※「和食」は、2013(平成25)年の11月に、ユネスコの事前審査で無形文化遺産への登録が勧告され、同年12月に「無形文化遺産」に登録されています。

★日本料理(にほんりょうり・にっぽんりょうり)は、日本でなじみの深い食品を用い、日本の国土、風土の中で発達した伝統的な料理をいう。日本食とも呼ばれ、日本風の食事を和食と呼ぶ。食品そのものの味を利用し、旬を大切にする特徴がある。
広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石などの一定の形式をふまえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。
2013年11月、「和食」の無形文化遺産への登録が、ユネスコの事前審査で勧告され、同年12月に登録された

●『鰹節の日』 : 
「い(1)い(1)ふ(2)し(4)」の日。
「花かつお」を製造販売している鰹節のトップメーカーで、愛媛県伊予市に本社を置く食品メーカーが鰹節の使い方、上手なだしの取り方等をもっと多くの人に知ってもらおうと制定。
この日、鰹節の切り削り実演販売や、だしの取り方教室などを企画しています。

●『冬にんじんの日』 :
調味食品、保存食品、飲料など、食品の製造、販売を行う大手食品式会社が制定。
自社の「美味しいにんじんジュース」等を飲んで、健康になってもらうのが目的です。
冬のにんじんは夏のものと比べてβ-カロチンが豊富で、甘みも増してにんじん本来の美味しさが味わえます。
日付は、冬にんじんの旬である11月と、24で「に(2)んじ(4)ん」の語呂合わせからです。


●『オペラ記念日(オペラの日)』 : 
1894(明治27)年のこの日、宮内省式部職付属「東京音楽学校(現、東京芸術大学)」の奏楽堂で、日本初のオペラが上演された事を記念してオペラ愛好家が制定。
演目はグノー作曲の「ファウスト」第1幕で、オーストリア大使館職員が出演しました。
また、指揮者は『君が代』を編曲したドイツ海軍軍楽隊長「フランツ・エッケルト」でした。

●『進化の日(Evolution Day)』 : 
1859(安政6)年のこの日に、「チャールズ・ダーウィン」の『種の起源』の初版が刊行された事に因んだ記念日です。

 

●『東京天文台設置記念日』 : 
1921(大正10)年のこの日に、東京都麻布区板倉(現、港区麻布台)に「東京天文台(現、国立天文台)」が設置された記念日です。
この天文台は、1878(明治11)年に「東京帝国大学」構内に作られた理学部観象台を母体とし、旧内務省海軍省の天文関係業務を統合して設立されたものでした。
1924(大正13)年に、都会の明るさで観測が困難になった事から、郊外の三鷹市に移転しました。
1988(昭和63)年に、東京大学附属の天文台から「文部省(現、文部科学省)」附属の天文台に移管

 

●『いい尿の日』 :
排尿トラブルの症状に効果のある「八味地黄丸」などを開発・販売する製薬会社が制定。
寒さが増すと頻尿・夜間尿などの排尿トラブルが増えることから、その啓蒙や症状に合った治療を広く呼び掛けることが目的です。
日付は、寒さが本格化してくる時期で、11月の11を(いい)、24日の24を(にょう)と読む語呂合わせです。


●アースナイトデー
沖縄県石垣市沖縄県竹富町が制定。石垣市竹富町にある「西表石垣国立公園」が国内初の星空保護区の認定を受けたことを記念して、二つの市町が地球の夜空の環境、星空の大切さを多くの人と考える日「アースナイトデー」を発案、世界的な運動としていくのが目的。日付は2017年11月25日に行われる石垣島最大の野外フェスティバル「TsunDAMI ISLAND FESTIVAL」の前夜祭として、11月24日に星空保護区認定を記念したイベントを開くことから。


☆彡11月第4土曜日は
●『松葉ガニの日』鳥取県が制定。
鳥取を代表する冬の味覚である松葉ガニをPRするのが目的。
日付は松葉ガニの名称が出てくる最古の文献(1845年11月13日の鳥取藩町目付け日記)にちなんで。


☆彡毎月24日は、
●『削り節の日』 : 
削り「ふ(2)し(4)」の日。
「東京鰹節類卸協同組合」が制定。
これとは別に、◎11月24日は「全国削節工業協会」が制定した「削り節の日」です。

●『地蔵の縁日』 : 
地蔵菩薩」は、釈迦仏の委託を受けて、その入滅から56億7千万年後に、「弥勒菩薩」として出世するまでの間(無仏の期間)、釈迦に代わって「六道(地獄道・餓鬼道・畜生道修羅道・人道・天道)」の一切衆生の苦を除き、福徳を与えると言われます。
特に地獄の衆生を「化導(済度する)し、代わりに苦しみを受ける菩薩とされ、俗説では、地蔵は子供の成長を守り、その死後「賽の河原」で苦難を救うと伝えられ、子供の守護仏として信仰されています。


●『愛宕の縁日』 : 
愛宕権現」は、全国の愛宕社の根本社で、雷神を祀り、防火の守護神として特に有名です。
総本社は、京都市愛宕山の「愛宕大権現」で、ここに参拝する事を、「愛宕参り」と言います。
金比羅と同様に、一般に高い山の上に祀られています。

 

スポンサーリンク  

☆彡11月24日の誕生花:
ペペロミア  花言葉はかわいらしさ、艶やか、片思い
カトレヤ  花言葉はあなたは美しい、成熟した魅力、優雅な女性、魔力
セントポーリア  花言葉は小さな愛
トロリウス(キンバイソウ) 花言葉は 品位
ガマズミ(鎌酸実)  花言葉は愛は死より強し、結合
ネリネ・Nerine Sarniensis 花言葉は「また逢う日を楽しみに」
ハナサフラン(秋咲きクロッカス)・Crocus 花言葉は「信頼」です。

 


☆彡誕生石は「ピンク・コバルトカルサイト」石言葉:セクシーな美

 


☆彡今日誕生日の人の一言 バールーフ・デ・スピノザ(哲学者)

1632年11月24日-1677年2月21日

『「自分にはできないと思う」、たいていの出来事はできないのではなく本当はしたくないのだ』


★バールーフ・デ・スピノザ
バールーフ・デ・スピノザ(Baruch De Spinoza、1632年11月24日 - 1677年2月21日)は、オランダの哲学者である。ラテン語ベネディクトゥス・デ・スピノザ(Benedictus De Spinoza)でも知られる。デカルトライプニッツと並ぶ17世紀近世合理主義哲学者として知られ、その哲学体系は代表的な汎神論と考えられてきた。また、カント、フィヒテシェリングヘーゲルドイツ観念論マルクス、そしてその後の大陸哲学系現代思想へ強大な影響を与えた。
スピノザの汎神論は新プラトン主義的な一元論でもあり、後世の無神論(汎神論論争なども参照)や唯物論に強い影響を与え、または思想的準備の役割を果たした。生前のスピノザ自身も、無神論者のレッテルを貼られ異端視され、批判を浴びている。
スピノザの肖像は1970年代に流通していたオランダの最高額面の1000ギルダー紙幣に描かれていた。

主な日本語訳
『エチカ 倫理学』、畠中尚志訳、岩波文庫(上下、改訳版)、重版多数、ワイド版2006年
『エティカ』工藤喜作、斎藤博訳、中央公論新社〈中公クラシックス〉、2007年
『世界の名著 スピノザ ライプニッツ下村寅太郎責任編集、中央公論社 
『国家論』 畠中尚志訳、岩波文庫、1988年ほか度々復刊
『知性改善論』 畠中尚志訳、岩波文庫、1992年ほか度々復刊
『神・人間及び人間の幸福に関する短論文』 畠中尚志訳、岩波文庫、1944年、度々復刊
『神学・政治論 聖書の批判と言論の自由』 畠中尚志訳、岩波文庫(上下)、度々復刊
スピノザ往復書簡集』 畠中尚志訳、岩波文庫、1958年、度々復刊
デカルトの哲学原理』 畠中尚志訳、岩波文庫、1959年
デカルトの哲学原理 附 形而上学的思想』畠中尚志訳、岩波文庫、1995年、度々復刊
『神学・政治論』 吉田量彦訳、光文社古典新訳文庫(上下)、2014年
『知性改善論 神、人間とそのさいわいについての短論文』 佐藤一郎訳、みすず書房、2018年
スピノザ エチカ抄』 佐藤一郎編訳、みすず書房、2007年、新装版2018年


以上はナイツ社編 「365日名言の旅」より一部抜粋&加筆

 

☆彡11月の行事・暦・祭り(2018年・平成30年)
季節:初冬(しょとう) ※立冬から大雪の前日まで。

11月の他の別名
神楽月(かぐらづき)子月(ねづき)霜降月(しもふりづき)雪待月(ゆきまちづき)
建子月(けんしげつ)暢月(ちょうげつ)達月(たつげつ)復月(ふくげつ)
神帰月(かみきづき)天正月(てんしょうづき)

◆11月の行事・暦・祭り(2018年・平成30年)

1日(木)秋土用の間日 顔見世 酉の日(一の酉)

2日(金)唐津くんち(→4日)

3日(土・祝)文化の日 秋土用の間日

4日(日)ユネスコ憲章記念日

6日(火)秋土用明け

7日(水)立冬

8日(木)伏見稲荷大社火焚祭

10日(土)松明あかし

11日(日)鮭の日

13日(火)二の酉

15日(木)七五三 亥の子 ボジョレヌーボーの解禁日 

22日(木)小雪

23日(金・祝)勤労感謝の日

25日 (日) 三の酉

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク