風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

12月17日は飛行機の日、明治ブルガリアヨーグルトの日、羽子板市の日、毎月17日は減塩の日、いなりの日、国産なす消費拡大の日、ひょうご安全の日等の日

2018年12月17日は何の日?


12月17日は飛行機の日明治ブルガリアヨーグルトの日、羽子板市の日毎月17日は減塩の日、いなりの日、国産なす消費拡大の日、ひょうご安全の日等の日です。

 
●『飛行機の日ライト兄弟の日)』 : 
1903(明治36)年のこの日、アメリカ・ノースカロライナ州キティホークで、「ライト兄弟(ウィルバーとオーヴィル)」が動力飛行機の初飛行に成功しました。
4回飛行し、1回目の飛行時間は12秒、4回目の最高記録は59秒で飛行距離は256mでした。
飛行機の名は「フライヤー1号」でした。

ライト兄弟(ライトきょうだい)は、アメリカ出身の動力飛行機の発明者で世界初の飛行機パイロット。世界最先端のグライダーパイロットでもあった。
自転車屋をしながら兄弟で研究を続け、1903年に飛行機による有人動力飛行に世界で初めて成功した。
ライト兄弟は共同で自転車店を営むかたわら飛行機を研究,グライダーによる飛行実験などののち,1903年12月17日ノース・カロライナ州キティ・ホークで,12馬力ガソリンエンジンを積んだ複葉機により,世界最初の動力飛行(この日の最高記録は滞空59秒,距離260m)に成功した。
1906年に万国国際法学会は、各国の自衛に供されぬかぎり航空は自由という原則を採った。14対9という多数決の結果は、航空技術の熾烈な競争を招いた。機先をとった彼らの特許はアンリ・ドゥッシュ=ド=ラ=ムルトに購入された。
ウィルバー・ライト(Wilbur Wright 、1867年4月16日 - 1912年5月30日)
ライト家の三男でオーヴィルの兄。インディアナ州東部の小さな村ミルビル(Millville)出身。
オーヴィル・ライト(Orville Wright 、1871年8月19日 - 1948年1月30日)
ライト家の四男でウィルバーの弟。オハイオ州デイトン出身。
2人は牧師ミルトン・ライト(1824年 - 1917年)の息子として生まれた。一家には他に3人の兄妹(長兄ルクラン(1861年 - 1920年)、次兄ローリン(1862年 - 1939年)、妹キャサリン(1874年 - 1929年))がいたが、母スーザンは結核により1888年に早逝した。
兄弟は生涯の大部分をデイトンで過ごした。グライダー実験と最初の動力飛行をノースカロライナ州キルデビルヒルズで済ませた後の飛行活動は、現在ライト・パターソン空軍基地の敷地内にあるハフマンプレーリー(一般見学可能)を中心に行われた。だがウィルバーの晩年には再びキルデビルヒルズで実験を行った。
1909年に兄弟はライト社(Wright Company)を創業するが、ウィルバーの死後の1915年にオーヴィルは会社を売却している。その後会社はグレン・L・マーティンと合併し、今のロッキード・マーティンとなった。

●『明治ブルガリアヨーグルトの日』 :
ヨーグルトの本場であるブルガリアが認めた正統な「ヨーグルト」として、「明治ブルガリアヨーグルト」が1973(昭和48)年のこの日に発売された事を記念して、また、長年多くの人々に愛され続けてきたこのヨーグルトの魅力を広く伝える事を目的にその発売元が制定。
2012(平成24)年の12月17日に、誕生40年目を迎え、『明治ブルガリアヨーグルトレシピBOOK』も発売されました。

 

▼羽子板市(→19日)


羽子板市(歳の市) 浅草


台東区浅草寺境内で十七~十九日に開催される恒例の「歳(とし)の市(羽子板市)」の前宣伝として、地元の浅草新仲見世商店街振興組合の役員らが三日、約百二十の加盟店を回ってオリジナルの「羽子板ストラップ」を配り、市のにぎわいと商売繁盛を祈った。

 

 

☆彡毎月17日は、 
●『減塩の日』
日本高血圧学会が制定。
高血圧の予防や治療において大切な減塩をより多くの人に実践してもらうのが目的。
日付は世界高血圧連盟が制定した「世界高血圧デー」(World Hypertension Day)、日本高血圧学会が制定した「高血圧の日」が 5月17日であることから、一年を通じて減塩を進めることを目指して毎月17日に。

 

 

●『いなりの日』 :
「い(1)な(7)り」の日。
日本の食文化の中で多くの人に親しまれているいなり寿司を食べる機会を増やすきっかけを作ろうと、いなり寿司の材料を製造販売している食品メーカーが制定。

●『国産なす消費拡大の日』  : 
4月17日の「なすび記念日」の17日を、毎月なすの消費を増やす日にしようと、「冬春なす主産県協議会」が2004(平成7)年2月9日に制定。

●『ひょうご安全の日』 : 
兵庫労働基準局が阪神・淡路大震災から11年目の2006(平成18)年に制定。
阪神・淡路大震災の後は復旧・復興現場等で死亡災害が多発し、震災前に比べて死亡災害が2年連続して50%増加するという事態が続いた為、労働災害多発を防止する為の対策として、震災発生日の毎月17日を「安全の日」と定めました。

阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)は、1995年(平成7年)1月17日に発生した兵庫県南部地震による大規模地震災害のことである。

1995年(平成7年)1月17日5時46分52秒(日本時間=UTC+9)、淡路島北部(あるいは神戸市垂水区)沖の明石海峡(北緯34度35.9分、東経135度2.1分、深さ16km)を震源として、Mj7.3の兵庫県南部地震が発生した。
近畿圏の広域(兵庫県を中心に、大阪府京都府も)が大きな被害を受けた。特に震源に近い神戸市市街地(東灘区・灘区・中央区(三宮・元町・ポートアイランドなど)・兵庫区・長田区・須磨区)の被害は甚大で、日本国内のみならず世界中に衝撃を与えた。
戦後に発生した地震災害としては、東日本大震災に次ぐ被害規模であり、戦後に発生した自然災害では、犠牲者の数で伊勢湾台風の5,098人を上回り、東日本大震災が発生するまでは最悪のものであった。
1995年1月25日の政令により、激甚災害法(激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律)に基づく激甚災害に指定。


☆彡12月17日の『誕生花』:
ベゴニア  花言葉は愛の告白、片思い、親切
フリージア(紫)  花言葉は感受性「純潔・無邪気」
サクララン(桜蘭)  花言葉は人生の出発、同感、満足
ツワブキ(石蕗)  花言葉は愛よよみがえれ、謙遜、先を見通す能力
シーマンニア(シーマニア)・Seemannia Sylvatica 花言葉は「コミュニケーション・繁栄」
フユボタン(冬牡丹)・Winter Tree Peony 花言葉は「高貴」です。

 

 



☆彡誕生石は「スペクトロライト」石言葉:情熱的、危険な愛

 


☆彡今日誕生日の人の一言 野間清治(実業家)1878年12月17日-1938年10月16日


『世の中を楽しく見る、美しく見る、よく見るということが大切です。』


野間清治のプロフィール
野間 清治(のま せいじ、1878年12月17日 - 1938年10月16日)は、講談社創業者であり、元報知新聞社社長。「雑誌王」とよばれ、昭和時代前期の出版界を牽引した。

著名な実績 大日本雄辯會及び講談社創業
配偶者 野間左衛講談社第3代社長)
子供 野間恒(長男・講談社第2代社長)
親 野間好雄、ふゆ

主な刊行雑誌
「雄弁」(1910年)
「講談倶楽部」(1911年)
少年倶楽部」(1914年)
「面白倶楽部」(1916年)
「現代」(1920年
「婦人倶楽部」(1920年
「少女倶楽部」(1921年
「キング」(1925年)
「幼年倶楽部」(1926年)


以上はナイツ社編 「365日名言の旅」より一部抜粋&加筆

 

☆彡12月の行事・暦・祭り(2018年・平成30年)
1日(土)映画の日

2日(日)秩父夜祭(→3日)

3日(月)カレンダーの日

4日(火)人権週間(→10日)

5日(水)納めの水天宮

6日(木)シンフォニー記念日

7日(金)大雪

8日(土)針供養(主に関西)

13日(木)正月事始め 煤払い(すすはらい)

14日(金)赤穂義士

15日(土)春日若宮おん祭(→18日)

17日(月)羽子板市(→19日)

18日(火)納めの観音

21日(金)納めの大師

22日(土)冬至

23日(日・祝)天皇誕生日

24日(月)振替休日

25日(火)クリスマス 終い天神

28日(金)納めの不動

31日(月)大晦日 大祓い


◆12月の他の別名
茶月(さげつ) 弟月(おとづき)健丑月(けんちゅうげつ)極月(ごくげつ) 厳月(げんげつ)
限月(かぎりのつき) 窮月(きゅうげつ) 臘月(ろうげつ) 親子月(おやこづき)
春待月(はるまちづき)暮古月(くれこづき) 雪月(ゆきづき)

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク