風に吹かれて旅するブログ (記念日&ハッピートーク)

日々のニュースや出来事・暦・記念日・季節祭事・時事・情報・開運術・雑感等を風に吹かれながらまったりとお知らせしています。

スポンサーリンク

「辛い」を「幸せ」に変えるちょっとした習慣とは? 植西聡著「1秒で心が強くなる言葉の心理術」に学ぶ!

☆彡「天使のハッピートーク・一日一言 」 幸せ探しへの誘い編

 

☆彡「辛い」を「幸せ」に変えるちょっとした習慣

 

「つらい」という漢字は「辛い」と書きます。

 

面白いことに、この「辛」という字に横線を一本付け加えると、「幸」という字になります。

 

たった一本、横線を加えるだけで「辛」が「幸」に変わってしまうんです。

 

素敵なことですね。

 

貴方も今が「辛い」と感じるなら横線を一本付け加えるように試しに何か「ひとつ」、日々の生活にアクションをプラスしてみましょう。

 

「辛」が「幸」に変わる可能性があります。

 

 満員電車が「辛い」なら一時間早い電車に乗ってみる。普段は読まないジャンルの本を読んでみる。

 

「でも・・・」「どうせ・・・」なんて言っている場合ではないんですよ。

 

どんどん試すのです。

 

 何が「一本の横線」になるか分からないのですから・・・。

 

 

 ひとという漢字は「人」と書きます。人間の形をしていますね。

でもね~、よくよく見ると「どちらか一方が倒れると他方も倒れる」形をしていませんか?

 そう思うと「人はみな助け合って生きている」ということに気が付きますね。

 

 困ったときは誰かが助けてくれます。 一人じゃないって素敵なことですね♪~。

 

※ひとりじないの 天地真理


ひとりじゃないの/天地真理

 

 

 ここに「✖(バツ印)」があります。首を45度右に傾けてみてください。
「✚(ぷらす)」に見えますよね。

 

バツイチでもバツ二でもバツ三でも、「プラス思考」で幸せになれます。

心配事も別の角度または他人から見ると解決策も見えることがあるし、
 
なんでもないことだと分かることもあるのです。
 
「見方を変える」ことは有力な問題解決法です。

 

明日という字は「明るい日」と書くんです。

 


☆彡今日の一言
①いつもと違う何かをすることで「辛」から「幸」に転じることもある。

 

②見方を変えると、行動が変わる。行動が変わると人生が変わる。人生が変わると世界が変わる。

 

③押してもだめなら、引いてみな♪~、引いてもだめなら、回してみな♪~

 

 ※おしてもだめならひいてみな 水前寺清子


おしてもだめならひいてみな  水前寺清子

 

 

一度っきりの人生、でもね リセットは何度でもOK♪~ 楽しまなくっちゃ♪~


Good Luck!! 幸運を祈ります! おきばりやす♪~。


以上は植西聡著「1秒で心が強くなる言葉の心理術」より一部抜粋&加筆


★植西聡
植西 聰(うえにし あきら、1947年-)は、東京都出身の日本の著述家、産業カウンセラー、心理カウンセラー。
自己啓発に関する著書を多数発表している。
◆略歴
学習院大学卒業後、資生堂に勤務。
独立後、人生論の研究に従事。
独自の『成心学』理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。
1995年、「産業カウンセラー」(労働大臣認定)を取得。
◆著書(ベストセラー本)
『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版)
『平常心のコツ』(自由国民社
『「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉』(三笠書房・王様文庫)
『話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる』(三笠書房・王様文庫)
『マーフィーの恋愛成功法則』(扶桑社文庫)
『ヘタな人生論よりイソップ物語』(河出書房新社
『カチンときたときのとっさの対処術』(ベストセラーズ・ワニ文庫)
『運がよくなる100の法則』(集英社・be文庫)
『運命の人は存在する』(サンマーク出版

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク